資金調達が確実に、しかもスピーディに
経営者必見!資金調達パーフェクトガイド

会社経営者にとって、常に頭を悩ませる問題といえば、資金調達。起業資金に始まって、じきに運転資金が必要になり、思わぬトラブルでつなぎ資金が必要となり…。自己資金だけではどうにもならないケースが必ず発生します。

そんな時のために知っておきたい、自社に最適な資金調達法。会社のピンチを乗り切り、また大規模受注などのチャンスを活かすために欠かせない資金調達のポイントを解説します。

はやわかりcompare

資金調達法をあらゆる角度から徹底比較

資金調達の方法 審査スピード 融資上限額 保証人

ファクタリング

売掛金を買い取ってもらい、即現金化ができる資金調達法。審査スピード、上限額、担保・保証人不要など、多くの面で優れています。

ファクタリング会社を徹底比較>>

即日~翌日 10億円 不要

ビジネスローン

銀行での融資が難しい場合に利用する、いわゆるノンバンク系のローン。比較的審査が通りやすく、短期間の融資に適した方法です。

即日~3日 1000万円 法人は必要

手形貸付・手形割引

自社・あるいは取引先が振り出した手形を担保として融資が受けられる資金調達法。融資までのスピードも速いのが特徴です。

即日~翌日 1億円 不要

不動産担保ローン

自宅など、所有する不動産物件を担保に融資を受ける方法。不動産を担保とするため審査は通りやすく、大口の融資も可能です。

3日 10億円 不要

確実・迅速な資金調達ならファクタリングがおすすめ

資金調達の方法はいくつかありますが、こうして比較してみるとファクタリングの有利さが際立ちます。

すぐに資金が必要で、銀行の審査を待っていられない場合、最短即日で資金調達可能なファクタリングは強い味方になります。売掛金さえあれば保証人も不要で、大口の資金調達が可能です。しかも、ファクタリングは融資ではないので、のちに銀行に融資を申し込む場合の信用力にも影響がありません。売掛金があるのなら、ファクタリングでの資金調達がおすすめです。

ファクタリングにて取引しているイメージ画像

NOTICE

ファクタリング取引は2社間取引を選ぶべし

取引先に知られずに資金が調達できる「2社間取引」がおすすめ

ファクタリングには、3社間取引と2社間取引という二つの取引形態があります。取引先が契約に加わる3社間取引では、資金調達を必要としていることが取引先会社に知られてしまいます。その点、2社間取引であれば、取引先会社にはファクタリングのことを知られることがないので、信用を失うことなく資金調達ができます。また、取引先会社の合意を得なくて済むため、契約が成立しやすくなるのも大きなメリットです。

比較

選ばれるのには理由がある
ファクタリング会社
を徹底比較

おすすめのファクタリング会社を厳選して、それぞれの強みとサービス内容を比較しました。自社に最適なファクタリング会社選びの参考にしてください。

ライジング
インベストメントマネジメント

様々なニーズに対応
取引先へのフォロー体制も万全
ライジング・インベストメントマネジメントの公式サイト画像

幅広く多種多様な業者との取引実績があるファクタリング会社。2社間取引にも対応していますが、3社間取引でも取引先からの信用を損ねないように、ベテラン社員の方が同行して丁寧に説明してくれるとのこと。

株式会社
No.1

成約率97%の実績
スピードとサポート体制が評判
株式会社No.1の公式サイト画像

ファクタリングの成約率97%を誇り、最短即日に現金化というスピードとサポート体制の充実が魅力。特に、キャッシュフローの改善を一から目指すコンサルティングは、利用者から高い評価を得ています。

ワダツミ
株式会社

ファクタリング業界の先駆者
10億円までの大口取引が可能
ワダツミの公式サイト画像

ファクタリング業界の先駆者的な存在。2社間取引には対応していないものの、多くの買取実績と充実したサービスが評判。10億円までの大口買取に対応しているのも大きな強みです。

取引形態 2社間 2社間 3社間
スピード 即日 即日 3日間
上限額 5000万円※注 3億 10億
手数料 1%~ 1%~ 1%~

※注:審査によっては1億円まで可能

資金調達のイメージ画像

経営者なら知っておきたい
資金調達の方法一覧

手帳とペンのイメージ画像

おすすめの資金調達法としてファクタリングを紹介しましたが、他にも資金調達の方法はあります。審査が厳しい代わりに利率の低い金融機関からの融資や、ベンチャー企業におすすめの個人投資家からの融資、どんな企業でも積極的に利用したい助成金・補助金などを紹介。それぞれのメリット・デメリットをまとめています。各ページでは、より詳しく解説していますので、資金調達の目的や状況に応じて、ベストな方法を選ぶための参考にしてください。

資金調達9つの方法

自社に適した資金調達法を診断テストで確認する
資金調達のイメージアイコン

成功事例から見る
目的・状況別の資金調達術

上で紹介したように、資金調達にはいくつかの方法があります。どれも有効な方法ではありますが、どれを選んでも良いという訳ではありません。資金調達の目的や、資金が必要になった状況に応じて、適切な方法を選ぶ必要があります。融資までのスピード、金利、融資額、審査の通りやすさなどを踏まえ、もっとも有利になる方法を検討することが重要です。

ここでは、目的ごとに最適な方法と、実際に資金調達に成功した事例を紹介しています。

  • 起業資金

    どんな企業でも、まずは起業のための資金が必要になります。実績も売上もなく、事業計画だけで資金を調達するにはどうしたらいいのでしょうか?確実に融資を受ける方法や、融資以外の資金調達法を紹介します。

    詳しく見る
    オフィスとノートパソコン
  • 運転資金

    起業をして、順調に売上や受注を伸ばしていったとしても、設備投資や賃金の支払いなど、ある程度の運転資金が必要になります。事業を円滑に進めていくために、金融機関の融資を受けるためのポイントを紹介します。

    詳しく見る
    ミーティングのイメージ画像
  • つなぎ資金

    会社経営には、必ずトラブルやアクシデントが発生します。急に資金がショートしそうになったとき、資金調達がすぐにできれば危機を乗り切ることができます。ファクタリングなど、緊急のつなぎ資金を調達する方法を紹介します。

    詳しく見る
    資金のやりくりについて相談しているイメージ画像
  • 銀行の審査に通らない原因と対策

    中小企業や個人事業主にとって、銀行の審査は鬼門。なぜ審査に通る会社と通らない会社があるのでしょうか?融資の承認が下りない理由と、それを改善するための対策についてまとめました。

    詳しく見る
    パソコンを見ながら何かを考える男性のイメージ画像
    特集

あなたの会社
助けます!
 事例集 事業別 資金調達
事例集

資金調達の方法は、資金の用途や目的だけでなく、事業の規模によっても使い分けが必要です。個人事業が銀行の低金利融資を受けようとするのも難しいですし、ベンチャー企業は投資や助成金などを積極的に活用していくことが、資金確保の近道になります。

ここでは、個人事業主、中小企業、ベンチャー企業といった、企業の段階に応じた資金調達法と、資金調達が必要になることの多い建設業について解説しています。