資金調達パーフェクトガイドTOP » 【徹底解説】今注目の資金調達法「ファクタリング」とは?

【徹底解説】今注目の資金調達法「ファクタリング」とは?

早期の資金調達が可能で、自社の信用にも影響を与えないことから注目されている「ファクタリング」。しかし、比較的新しい資金調達法のため、どういったものか知らない方も多いかと思います。

そこで、ここではファクタリングについて解説。今注目の資金調達法である理由を紹介します。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、売掛金を売却することで現金を調達するというもの。

売掛金は、基本的に決済期日になるまで現金化ができません。そこで、ファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらうことで、期日前に現金化することが可能になります。

ほかの資金調達法との違い

ファクタリングとほかの資金調達法の大きな違いは、融資ではないということ。

資金調達は、一般的に銀行や信用金庫からの融資、あるいはノンバンク系のビジネスローン、不動産担保ローンなどを利用すると思います。これらは融資、つまり借入による資金調達です。融資には与信力の審査があり、自社の状態によっては審査に通らず、融資を受けられないことがあります。ノンバンクなら審査は緩くなりますが、金利が高いというデメリットがあります。また、審査には時間がかかるので、迅速に資金調達したい場合には利用できません。

その点、ファクタリングは融資よりも審査が甘く、書類が揃っていれば即日現金調達が可能です。スピード、利用のしやすさという点でファクタリングは利用価値が高いと言えます。

最近では、クラウドファンディングなどの新しい資金調達法も生まれています。しかしこれは時間がかかる上に確実性に欠けます。しかも、これは新規事業を立ち上げる場合にのみ利用できるので、事業の運転資金などには使えないことが多いと思います。

ファクタリングはどこに依頼すればいい?

ファクタリングが受けられる条件は、ファクタリング業者によって異なります。手数料はもちろん、ファクタリングを受けた後のコンサルティングにも注目して業者選びをする必要があります。

ここでは、ファクタリング業者の中でも特におすすめの業者を厳選し、比較しています。ぜひファクタリング業者選びの参考にしてください。

今注目の資金調達法「ファクタリング」を利用するならこの業者!

ファクタリングについてもっと詳しく

ここでは、ファクタリングについてもっと詳しく知りたい方のために、ファクタリングの仕組み、メリット・デメリット、手数料、会計処理について解説しています。

ファクタリングの仕組み

そもそも、ファクタリングはどういう仕組みで資金調達が可能なのか解説。ファクタリングを利用する上で重要になる取引形態(2社間・3社間)についても詳しく紹介します。

ファクタリングの仕組みについて詳しく>>

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングで資金調達をすることのメリットやデメリットを紹介。メリットが大きいファクタリングですが、デメリットが無いわけではありません。メリット・デメリットの両面を理解して利用することが大切です。

ファクタリングのメリット・デメリットについて詳しく>>

ファクタリングの手数料

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらう際に手数料が発生します。ここでは、どれくらいの手数料が必要になるのか、相場について解説しています

ファクタリングの手数料について詳しく>>

ファクタリングの会計処理

ファクタリングによる資金調達は、他の資金調達法とは会計処理の仕方が異なります。企業ごとに処理方法は違いがありますが、一般的な方法を紹介しています。

ファクタリングの会計処理について詳しく>>