ファクタリングを最短利用

ファクタリングを最短即日で利用するために

最速で資金が手に入るとも言えるファクタリング。

では、ファクタリングを利用して最短即日で資金を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?

ファクタリング利用の流れ

ここでは、ファクタリングを利用して最短で資金を手に入れるためのポイントを見ていきましょう。

流れを把握する

まずは会社に問い合わせ、担当者に要望を伝えます。

次いで審査が行われます。審査のハードルは低いため、まず弾かれることはないと考えていいでしょう。

そして審査に通れば契約が成立、資金が手に入ります。

利用条件を満たしているかどうか?

ファクタリングにも利用条件があります。

まず大前提として、ファクタリングは売掛債権を現金化する手法なので、売掛債権がなければ利用できません。

その他、法的に問題ない業態であること、利用者が法的整理中でないこと、売掛先が個人事業主でないことといった条件があります。

なお、赤字決算や債務超過に関しては問題ありません。

細かい条件に関してはファクタリング会社に問い合わせてみましょう。

必要書類の準備

最短即日で資金が手に入るとは言え、必要書類は揃えなくてはいけません。

ファクタリングに必要な書類は、基本的には身分証明書、印鑑証明書、決算申告書、売掛先企業との取引基本契約書などです。

詳細な必要書類はファクタリング会社に問い合わせて確認しましょう。

ファクタリングの利用条件例

ほかの資金調達に比べるとかんたんに審査が通るファクタリングとは言え、やはり利用条件は存在します。

ここでは、ファクタリングの利用条件についてもっと詳しく見ていきましょう。

まず大前提となるのは、「法的に問題ない業務を行っていること」と「売掛債権を持っていること」です。

前者については説明の必要はありませんよね?

後者は、そもそもファクタリングは売掛債権を現金化するという資金調達法なので、売掛債権を持っていなければ利用のしようがないということです。

以上のふたつの条件は、当然ながらどのファクタリング会社にもある利用条件です。

ほかには、「国内法人であること」を条件としているファクタリング会社もありますが、これに関しては特に問題はないでしょう。

なお、企業したばかりで実績がなかったり、赤字決算であったりしてもファクタリングは利用可能です。

これは、ファクタリングの審査対象が利用者本人ではなく売掛先であるためです。

また、利用するファクタリング会社によっては細かい利用条件が違うばあいもありますので、そのあたりは会社に直接聞くかホームページで確認を取りましょう。

ファクタリングに必要な書類例

ファクタリングを利用することを決めたら、次は必要な書類を取り揃える事になります。

ここでは、ファクタリングの申込みに必要な書類を見ていきましょう。

主に必要になる書類を列記すると、以下のようなものになります。

身分証明書

マイナンバーカード、運転免許証などが該当します。

謄本

個人事業主はファクタリングを利用することができないので、会社の実在を証明できる書類が必要となります。

主に登記簿謄本(履歴事項証明書)が必要となります。

決算書

ファクタリングの審査対象である売掛先の経営状態を確認するために必要となります。

また、2社間ファクタリングのばあいは一時的にとはいえ売掛金がファクタリング会社へ振り込まれるので、ファクタリング会社が倒産してしまうと貸し倒れ損失になってしまうので、それを防ぐために必要なのです。

取引先との基本契約書

売掛債権の受注に関する基本契約書が必要です。

ただし、零細・中小企業のばあいは取引先の基本契約書がないばあいもあります。そのばあいでもファクタリングの利用は可能なので、ファクタリング会社に伝えましょう。

成因資料

ファクタリングにおける成因資料とは、「譲渡する売掛債権の根拠となる書類」ということになります。

注文書や納品書、契約書がこれに当たります。

入出金の確認ができる書類

ファクタリング会社によっては、入出金の残高の確認が必要になるケースがあります。

入出金の通帳、当座照合表がこれに当たります。

これは、過去の売掛先との取引状態を確認するためです。

納税証明書

税金の未納額をチェックするために必要となります。

ただし、未納の税金があるからという理由でファクタリングが利用できないということにはなりません。

 

以上がファクタリング申込みの際に必要になる代表的な書類です。

これらはあくまで代表的なものなので、利用するファクタリング会社によって必要な書類は異なるばあいがあります。

必ず事前にHPで確認を取るようにしましょう。