メリット・デメリット

ファクタリングで資金調達を行うことのメリット・デメリットを解説。2社間取引、3社間取引のそれぞれのメリット・デメリットについてもわかりやすくまとめています。

ファクタリングを利用するメリットとデメリット

早期に現金化が可能で、銀行からの融資が受けられない企業でも利用できる資金調達法がファクタリング。多くのメリットがありますが、一方でデメリットが無いわけではありません。後々のために、両面をよく理解しておくことが大切です。

ここでは、ファクタリングで資金調達することのメリットとデメリットを紹介していきます。

ファクタリングのメリット

早期に売掛金を現金化できる

ファクタリングを利用する最大のメリットは、売掛金をすぐに現金化できるということ。早急に資金調達が必要になった場合は、まずファクタリングを検討することになるでしょう。

銀行からの借り入れなどは審査に時間が掛かり、早くても1ヶ月ほど掛かります。一方、ファクタリングは、条件が揃えば最短で即日現金化が可能です。

キャッシュフローの改善が望める

売掛金が増えていくと、現金化されるまでの間に資金繰りが悪くなっていくリスクがあります。「黒字倒産」なんて言葉があるくらいですから、利益が出ていても現金が手元に入ってこなくては経営は立ち行かなくなります。

このような現金不足を補い、キャッシュフローを改善できるというメリットがあります。

ファクタリングは融資・借り入れではない

融資を受けることはつまり、負債が増えることになります。融資額が増えると会社の信用情報が悪くなり、後々の金融機関での借り入れ審査などに影響が出てしまいます。

ファクタリングは融資ではなく、あくまで売掛金を現金化するだけのこと。信用情報に影響せず、資金を調達することができます。

また、赤字決算や債務超過など経営状態が悪い場合は、一般的に融資は受けられなくなります。しかし、ファクタリングはそういった企業の経営状況に関わらず利用することが可能。売掛金さえあれば、どんな企業でも利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

取引の倒産のリスクがない

売掛金のリスクは、売掛金を現金化する前に取引相手の企業が倒産してしまうなどして、現金化が不可能になってしまうこと。

3社間取引(後述)でファクタリングをしておけば、売掛金の回収はファクタリング業者が行うことになります。これによって取引先の倒産リスクが回避できます。

また、償還請求権の無いファクタリング(ノンリコース)であれば、3社間・2社間にかかわらず、売掛金の回収が困難になった際でも利用者に保証が求められることはありません。

ファクタリングのデメリット

手数料が発生する

ファクタリングは、必ず業者への支払い手数料が発生します。そのため、本来売掛金の回収によって得られる金額よりは目減りしてしまいます。

しかも、手数料は決して低い金額ではありません。その代わり、信用情報に影響がなかったり、早期現金化ができるというメリットがあるので、利用価値は高いと考えられているのです。

売掛金が必要

当たり前のことではありますが、売掛金がなくてはファクタリングはできません。あくまで売掛金の現金化なので、それを超える範囲の資金調達はできません。

取引先に確認する必要があることも

ファクタリングは、ファクタリング業者、自社、そして取引先の3社間取引になることがあります。その場合は債権譲渡という手続きになり、取引先の承諾が必要になる可能性があります。

2社間取引・3社間取引のメリットとデメリット

ファクタリングには、ファクタリング業者と自社の間だけで売掛金のやりとりをする2社間取引と、取引先も含めた3社間取引の2種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、よく理解をして選ぶようにしましょう。

2社間取引

2社間取引は、資金調達をする企業とファクタリング業者の間で取引が行われるもの。売掛金をファクタリング業者が買い取り、支払いをします。売掛金の回収は資金調達をする企業が行い、ファクタリング業者に支払います。

メリット

企業とファクタリング業者の間だけで行なわれる契約なので、取引先にはファクタリングを行なった事実が知られずに済みます。そのため、取引先からの信用を傷つけることがありません。

また、取引先の業績や信用調査をファクタリング業者が迅速に審査してくれるので、買取金が早く支払われるというメリットもあります。

デメリット

企業が売掛金の回収をできるかどうかのリスクをファクタリング業者が背負うことになるので、手数料は2社間取引のほうが高くなります。

3社間取引

資金調達をする企業、ファクタリング業者、そして取引先の3社間で合意し、ファクタリングを行うのが3社間取引です。売掛金をファクタリング業者が買い取り、売掛金の回収もファクタリング業者が行ないます。

メリット

ファクタリングの手数料が安くなるのが、3社間取引のメリット。売掛金回収は、取引先とファクタリング業者の間で直接行われます。この場合、資金調達を行う企業からファクタリング業者への支払いがなくなるため、リスクが軽減されます。リスクが減った分、手数料は少なくなるのです。

デメリット

取引先に、ファクタリングを行っていることが知られてしまうのがデメリット。

取引先の合意が必要になるということは、取引先にファクタリングへの合意を依頼するということ。ファクタリングでの資金調達を必要としていることが知られてしまえば、取引先に対する信用を失う可能性があります。

メリット・デメリットを含めて最良の解決策を提案してくれるのは?

2社間取引・3社間取引のメリット・デメリットを紹介しましたが、やはり取引先に資金調達が必要なことを知られることは大きなリスクになりかねません。

手数料に多少の差はあるものの、取引先への信用を失うリスクが無く、契約が成立しやすい2社間取引を選択することがおすすめです。

こちらのページでは、特におすすめのファクタリング業者を厳選して紹介。それぞれの特徴やサポート体制について比較しています。ファクタリングを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

確実・迅速な資金調達法「ファクタリング」評判の高い業者を徹底比較>>