ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、売掛金を現金化することで資金調達をする方法のひとつ。ファクタリングという方法が可能になってから、急速に利用されることが多くなりました。

ここでは、ファクタリングがどのような仕組みで行われて資金調達を可能にするのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

ファクタリングで資金調達をする仕組みを解説

ファクタリングは、売掛債権、つまり売掛金の状態で入金を待っているものを、第三者が買い取るというもの。資金調達をしたい事業者は、売掛債権を第三者に売却することで現金を得ることができます。

取引先からの売掛分は、請求から入金まである程度の時間がかかります。それを待たずに現金を得ることができるため、急いで現金を調達したい企業には有効な資金調達法です。

得られる現金は?

一般的に、売掛金の決済期日より前にファクタリングが行われた場合は、本来の支払額から一定の割合を引いた額が支払われます。決済期日を過ぎている場合は、本来の支払額の満額か、それに近い額を受け取ることができます。

ファクタリングを依頼した事業者およびその取引先は、ファクタリング業者に一定の手数料を払います。これがファクタリング業者の利益となります。

2社間取引と3社間取引

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引という種類があります。

2社間取引は、資金調達をする企業とファクタリング業者の間だけで契約を行うもの。債券売買が行われ、事業者には売掛回収よりも早く、ファクタリング業者から資金を得ることができます。売掛金は、資金調達をした企業が取引先から回収し、ファクタリング業者に渡します。

対して3社間取引は、売掛金の取引先も含めて契約を行うもの。売掛債権の売買が行われ、売掛金はファクタリング業者が直接回収します。そのため、資金調達をする企業は売掛金の回収をしなくて済むことになります。

ファクタリングで資金調達をするには?

ここでは、今注目の資金調達法「ファクタリング」の仕組みについて解説させていただきましたが、ファクタリング業者にもそれぞれ特徴があります。

こちらのページでは、特におすすめのファクタリング業者を厳選して紹介。それぞれの特徴を比較しています。ファクタリングを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

今注目の資金調達法「ファクタリング」おすすめ業者を徹底比較>>