中小企業

中小企業は、日本の全企業数の99%以上を占めています。

日本経済は中小企業で成り立っているといっても過言ではありません。

しかしながら、中小企業は資金調達が難しく、方法が限られているのも事実。

では、中小企業はどのように資金調達をするのが賢い方法なのでしょうか?

中小企業が資金調達をするには?

資金調達

全企業数の99%以上を占める中小企業が立ち行かなくなっては、日本経済が危ぶまれます。

そのため、国や公的金融機関は中小企業が利用できる融資を提供しています。

その代表が日本政策金融公庫です。長期返済、金利が低い、場合によっては無担保・保証人なしの融資が利用できます。

そのほかには、商工会議所によるマル経融資や、信用保証協会の保証による金融機関での融資も選択肢に挙げられます。

中小企業程度の規模であれば、創業あるいは経営改善から損益分岐点到達までの時間が比較的短いので、金融機関による融資を利用するのがベストです。

中小企業の資金調達の成功事例を紹介!

事例1:防水業の外注費の支払いにファクタリングを利用

防水業を営むAさん。

大規模工事を手掛けることもあるのですが、売掛金の決済までの期間が長く、外注費の支払いが遅れそうに。

金融機関では融資が受けられないと言われてしまいました。しかし、資金繰りを健全に行うためには、少なくとも300万円の資金調達が必要でした。

そこで利用したのがファクタリング。ファクタリング会社とは初めての取引でしたが、300万円の調達に成功。

支払いも問題なくすませ、取引先からの信用を得て、さらに大きな受注を得ることができました。

事例2:ファクタリングでキャッシュフローを改善

空調設備工事業を営むBさん。

売り上げが低下してしまい、キャッシュフローが悪化。

工事受注はあるのですが、手元の資金が不足する状況に。手形の決済期日が近づいており、ファクタリングを決意。

ファクタリングで当面の資金繰りを改善したほか、キャッシュフローの見直しを実施。結果的に計画的に資金調達ができるようになり、事業が安定しました。

事例3:建設業のつなぎ資金を手形貸付で確保

建築業を長野で営むCさん。

下請けへの支払いや、資材購入のための現金が必要になったものの、当日になって取引先からの入金が遅れ、大ピンチ。急きょノンバンク系の金融機関で相談したところ、手形貸付を利用して即日融資が受けられました。

ノンバンク系の融資の場合は、来店不要での融資ができることもあります。つなぎ融資には最適な資金調達法でした。

融資を受けられない場合は?

金融機関での融資が受けられない場合は、売掛金があればファクタリング、自社や取引先に信用があれば手形貸付・手形割引などを利用することになります。

また、審査が通りやすい融資としては、ビジネスローンや不動産担保ローンなどが挙げられます。不動産があればそれを担保にローンを組むことをオススメしますが、そうでない場合はビジネスローンを選択することになるかもしれません。

ただ、これは金利が高く、短期返済の奥の手にしておくべきです。

こちらでは、審査が通りやすく融資スピードの速い資金調達法を厳選・比較しています。

あなたの会社に最適な資金調達法を探す参考にしてください。

中小企業の資金調達方法とは

企業の資金をいかにして調達するかは経営者にとって大きな問題です。

資金調達を行なわなければいけないケースで一番多いのは、新規の事業を立ち上げるケースです。新規の事業を立ち上げるには、新しく土地・設備・機械などが必要となることが多く、多額の資金を用意しなければいけないからです。

現状でどうにかして資金を調達しなければいけない場合、どのような方法が考えられるのでしょうか。大きく分けて4つの方法をご紹介します。

資本を増やす

資本を増やすには株式の発行が必要となります。この方法であれば資金の返済義務はありません。

また、集めた資金の使用方法も限定されず、保証人なども必要ない方法です。そのため多くの中小企業が行っているメリットの大きい手段と言えます。

ベンチャーキャピタルや投資家など事業に携わるパートナーが増える点もメリットとなるでしょう。

デメリットとしては、経営権のコントロールが難しくなることが挙げられます。通常の株式の場合は、持ち株割合に応じた経営権を取得されます。

そのため、プレッシャーは非常に大きいものとなるでしょう。

資産を現金化させる

自己の資産を売却し現金を得るメリットは、経営権をそのまま自分で持てることです。

ただ金額が大きくなればそれだけ時間がかかってしまうことがあります。

補助金と助成金を使う

都道府県や市町村などかたの補助金や助成金を使用する手段です。

返済義務がほぼなく(一部の返済が求められる場合も)経営権がそのまま持てることがメリットです。

デメリットとしては書類手続きが複雑で、入金までに時間がかかることが多い点です。

また、制度は1年ごとに更新・廃止されやすいので、こまめなチェックが必要となります。

負債を増やす

投資家

融資(借入)などがこれにあたります。公的金融機関からならば比較的低金利で、融資を受けることができます。

経営権はそのまま自分で持てることがメリットです。

ただし通常は担保が必要となり、価値の高い資産や安定した売上が見込めることが条件として挙げられます。

そのため創業期は信用がないので融資を受けづらい場合もあります。また資金の使い道も限定される事が多くなっています。

資産の使い道が限定されていることが多い飲食業や、担保となる資産がある製造業などに向いている方法といえます。

融資による資金調達先は?

融資(借入)を行う場合は、公的金融期間からの融資や銀行からの融資、ファクタリングなどが一般的だとされています。

それぞれ詳しくご紹介します。

公的金融機関からの融資

政府系金融機関とも呼ばれ、公的融資とも呼ばれています。

銀行などとは違い営利を木亭としていないため、低金利で返済期間が長いのが特徴です。

また、民間の金融機関から融資が難しい場合でも、借入できる可能性があります。この公的融資も大きく分けて2種類に分かれています。

それが政府系金融管からの融資と、信用保証協会の信用保証付きの融資です。

日本政策金融公庫を利用するメリットとは

政府が銀行などの民間の金融期間よりも低金利で融資をしてくれる方法です。

固定金利であるため、金利上昇を考えなくて良いというのもメリットになります。

融資が受けられる条件や金利などは企業によって異なり、詳細は「日本政策金融公庫」のHPや全国の窓口で相談を受けることができます。

信用保証協会の信用保証付きの融資とは?

信用保証協会とは、中小企業や創業者への資金調達の円滑化を目的とし設立された公的期間です。

信用保証協会が企業の保証人となることによって、融資を容易にする方法です。

「制度融資」や「自治体融資」と呼ばれることもあります。

万が一企業が返済できなくなった場合でも信用保証協会が保証してくれるので、民間金融期間でも融資を受けやすくなります。

金融期間に融資の申込みをし、金融機関を通して信用保証組合に申込みするという流れになります。

そこから信用保証組合が審査をし、保証出来るかどうかの判断を行います。

そして審査が通れば、金融機関から融資を受けることが可能です。

銀行からの融資

銀行などの民間の金融機関から融資を受ける方法です。

公庫よりも審査が厳しいとされ、「資金を何に使うか」「どのように返済するか」などを明確にする必要があります。

銀行融資にも様々な形態があり、期間で分けると短期融資と長期融資の2種類に分けられます。

短期融資とは返済期間が1年以内の融資を指します。手形割引、手形貸付、当座貸越などがあります。

長期融資は返済期間が1年以上の融資で、証書貸付という融資の形態などを指します。

ファクタリング

企業が保有している売掛金を、ファクタリング会社が企業に対して買取することで資金を提供する仕組みのことです。

新たな資金調達方法として知られ、利用する企業も増えてきています。

中小企業の資金調達方法は様々なものがあります。

重要なのは自社の現状に合った資金調達方法を選択することです。

どの選択がベストなのか会社の将来を見据えて選ぶようにしましょう。

まとめ

中小企業の資金調達方法は様々なものがあります。

重要なのは自社の現状に合った資金調達方法を選択することです。

どの選択がベストなのか会社の将来を見据えて選ぶようにしましょう。

中小企業に最適な方法は?確実・迅速な資金調達法を徹底比較>>