手形貸付・手形割引

手形貸付・手形割引は、発行した手形を元に融資や現金調達を行うもの。手形貸付は自社の手形を振り出すもの、手形割引は他社の手形で資金調達するもので、それぞれ別の資金調達法です。

ここでは、手形貸付・手形割引の仕組みから、利用することのメリット・デメリットなどを解説しています。

手型貸付の概要

手形貸付は、自社の手形を振り出して、それを担保にして融資を受けるというもの。自社で手形を発行するので手続きが早く、融資までのスピードが速いのが特徴です。

調達できる資金は、借り入れる資金の総額から金利分を引いたもの。融資額は、業者との協議によって決められます。基本的には、短期返済が原則となる資金調達法です。

手形貸付のメリット

業者によりますが、比較的審査が甘いのが手形貸付のメリット。黒字経営の企業であれば、融資が受けられる可能性はかなり高くなります。

前述のように、自社の手形を担保とするため、融資までのスピードが速いのもメリットの一つ。事業が上手くいっている状況で資金がショートしそうな場合など、運転資金のつなぎとして利用することができます。

また、返済期日を守っていれば、繰り返しの融資も可能です。あくまで事業が上手くいっていることが前提ですが、資金調達が容易にできます。

手形貸付のデメリット

手形貸付は、手形を発行する企業、つまり自社の信用が前提となります。そのため、赤字経営の企業が手形貸付を利用するのは難しくなります。

返済については、一括返済・分割返済が選べますが、返済期日は絶対厳守が基本。手形の決済が期日までに行なわれないと、債務不履行として企業の信用が一気に落ちます。

また、先に融資額から金利分が引かれてしまうので、手に入る資金がやや減ってしまうのもデメリットといえます。

手形割引の概要

手形割引は、取引先から受け取った手形を担保にして融資を受けるというもの。商品を販売した対価として、現金ではなく手形を受け取ることがあります。これを担保とするのです。

つまり、将来現金が回収できるという見込みをもって信用力とし、融資を受けるものとなります。手形割引を受ける日から手形の決済期日の間の金利は、手形割引業者が受け取り、残りを融資として受け取ることができます。

手形割引のメリット

手形貸付と同様に、融資のスピードが速いのが特徴。業者によっては、即日融資も可能です。

審査については、手形を振り出した取引先の信用によります。信用のある企業なら、審査には通りやすくなります。銀行は融資を受ける企業の信用を見ますが、手形割引は手形を振り出した企業の信用度を見ます。そのため、中小企業でも利用しやすいのが特徴です。

また、不動産などではなく、手形を担保にするので、手続きが比較的簡単に済みます。

業者に支払う手数料(割引率)も、手形の信用によって決まります。大企業など、信用のある企業の手形なら、低い割引率で融資を受けることができます。

手形割引のデメリット

手形を振り出した取引先の信用がない場合は、手形割引を利用できなかったり、金利が高かったりする可能性があります。たとえ自社の信用があっても、手形の信用がなくては審査には通らないのです。

また、手形には不渡りというリスクがあります。手形割引を使って融資を受けたものの、担保にした手形が不渡りになった場合はどうなるでしょうか?手形が現金化できないのに、借り入れた資金を返済しなければならないのです。

手形割引とファクタリングを比較してみたところ・・・

手形割引は、代金の代わりとして手に入れた手形を、期日が来る前に現金化する資金調達法です。

では、手形割引とファクタリングにはどのような違いがあるのでしょうか?調達可能額や審査スピードなどの項目から見ていきましょう。

  手形割引 ファクタリング
資金調達可能額 手形から割引料を差し引いた額 売掛債権もしくは月の売上の範囲内
審査スピード 最短で即日 最短で即日
保証人 不要 不要
担保 手形 不要
返済期間 120日 およそ30~45日
手数料 年3%~10% 資金調達額の5%~25%、金利手数料は高い
審査対象 手形自体 売掛先
信用情報への掲載 される されない
審査の通りやすさ 通常の融資に比べると通りやすい 通りやすい
特徴・その他 会計上では「手形を担保にした貸付」という扱いになる 即日で資金が手に入る、銀行などから融資が受けられなかったばあいでも融資が期待できる

ファクタリングとの違い

手形割引と一見似ている資金調達法として、ファクタリングがあります。売掛債権を業者に売却して資金調達をするファクタリングと、売掛手形を担保に融資を受ける手形割引。

手形割引はあくまで融資なので、与信力に影響があります。また、取引先が手形に不渡りを出すリスクもあります。

一方、ファクタリングは債権を売却するものなので、融資にはなりません。赤字や税金未払いなど、不安定な経営状態であっても、健全な売掛債権があれば現金化が可能です。

さらに、2社間取引によるファクタリングであれば、取引先に資金調達が必要な状態であることを知られずに済みます。よりリスクの少ない資金調達法といえるでしょう。

こちらのページでは、手形割引・ファクタリングを含めた、いくつかの資金調達法を比較・紹介しています。是非、自社に最適な資金調達法を探す参考にしてください。

手形貸付・手形割引の強みと他の資金調達法を徹底比較>>