ベンチャーキャピタル

このサイトで紹介している資金調達法のほとんどは融資の形をとっていますが、ここで紹介するベンチャーキャピタルはあくまで「投資」。融資とは違うことで、メリット・デメリットの両面があります。

他の資金調達法と比較するためにも、ぜひ参考にしてください。

ベンチャーキャピタルの概要

ベンチャーキャピタルは、未上場で将来性のある企業に対して、積極的に投資を行う投資ファンド。ハイリスク・ハイリターンな投資を行い、投資先に対して経営コンサルティングを行うことで、企業の成長と利益の獲得を目指すものです。

主にベンチャー企業などは、事業の立ち上げ・拡大に際してベンチャーキャピタルからの投資を受けることがあります。その将来性・可能性によっては大口の投資も期待できるため、ベンチャー企業の資金調達法として一般的になりつつあります。

信用ではなく、将来性で資金調達ができる

ベンチャー企業の場合、実績も信用もないため、融資を受けることが難しくなります。そのため、運転資金の確保が至上命題となります。

そこで利用したいのが、ベンチャーキャピタルからの投資。数十億円単位の投資を集められる可能性があり、チャレンジする企業も増加しています。

与信力に関わらず資金調達ができるのが、最大のメリットと言えるでしょう。

返済の義務がない

ベンチャーキャピタルからの投資は融資ではありません。そのため、返済の義務がなく、金利も発生しません。

投資家からの口出しがある

あくまで投資であるため、経営に対して口出しやコンサルティングを受ける可能性があります。自由な経営ができないのは、融資による資金調達と比べるとデメリットになる可能性があります。

積極的に経営に関わるベンチャーキャピタルと、あまり関与しないベンチャーキャピタルの両方があるので、投資を受けるベンチャーキャピタルを吟味することで、ある程度コントロールは可能です。

適切な事業計画、優秀な経営陣が必要

融資ではなく投資ですから、事業に将来性が必要です。利益を生み出す確固とした事業計画と、それを推し進めていく優秀な経営陣が評価されることで、はじめて投資を受けることができます。

誰でもどんな企業でも投資が受けられるわけではなく、敷居が高いのがベンチャーキャピタルからの資金調達の難しいところです。

ベンチャーキャピタルのメリット・デメリット

メリット

  • 信用がなくても資金調達ができる
  • 返済の義務がない

デメリット

  • 将来性はもちろん、事業計画、優秀な経営陣が必要
  • 経営に口出しをされることがある

ベンチャーキャピタルとファクタリングを比較すると

いざ起業しようと思っても、その時点ではまだ実績も充分な資本金もない人がほとんどでしょう。

そんなときに頼りになるのがベンチャーキャピタルです。

将来性のあるプランを提示できれば、多くの資金を得ることができるでしょう。

さっそく、ファクタリングとはどのように違うのかを見ていきましょう。

  ベンチャーキャピタル ファクタリング
資金調達可能額 実績の可能師によっては数億円単位も可能 売掛債権もしくは月の売上の範囲内
審査スピード 1ヶ月~3ヶ月以上 最短即日
保証人 不要 不要
担保 不要 不要
返済期間 返済義務自体ない およそ30~45日
手数料 なし 資金調達額の5%~25%、金利手数料は高い
審査対象 事業計画書などで示される将来性 売掛先
信用情報への掲載 される されない
審査の通りやすさ 実績があったほうが通りやすい 通りやすい
特徴・その他 事業が失敗したばあいでも返済義務は生じない コストは高い反面リスクは低い

ベンチャーキャピタルとファクタリングの違いはココ!

ベンチャーキャピタルとファクタリングは、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

両者の特徴を見ながら学んでいきましょう。

ベンチャーキャピタルは会社設立後のほうが有利?

ファクタリングは審査対象が売掛先であるため、審査のハードルが甘く、起業前の早い段階で資金を得ることができるのが大きなメリットです。

ベンチャーキャピタルも、融資を受けるには必ずしも起業している必要はありませんが、実績が合ったほうが有利となります。

ベンチャーキャピタルで融資を受ける際には、会社の将来性が重要なアピールポイントとなるからです。

アピールできる実績があれば、自分の将来性をより強くアピールすることができるでしょう。

イベントや交流会に参加しよう!

ファクタリングは2社間であれば、誰にも知られることなく融資を受けることができます。いわば閉じた形での融資と言えるでしょう。

対してベンチャーキャピタルのばあいは、融資を求めるスタートアップ企業が集まる交流会やイベントがたびたび開催されています。

こうしたオープンなイベントに参加することで、同好の士を見つけたり、より多くのベンチャーキャピタルとの出会いを得たりすることができるでしょう。

ベンチャーキャピタルは具体的なアピールポイントが必要!

ベンチャーキャピタルでの資金調達を目指すなら、起業しているのなら具体的な実績、まだ起業していないばあいでもこれからのビジネスプランをアピールする必要があります。

反面、ファクタリングのばあいは審査対象は売掛先なので、まずは先に資金を手に入れてから行動に移りたい、といったばあいにはこちらが適しているでしょう。

え?助成金とファクタリングを比較してみた!

事業を立ち上げようとする際に、まとまった資金が必要になる状況で頼りになるのが助成金です。

各市町村によって様々な種類のある助成金制度ですが、ファクタリングと比べるとどのような違いがあるのでしょうか?

ここではそれについて見ていきましょう。

  助成金・補助金 ファクタリング
資金調達可能額 制度によって異なる 売掛債権もしくは月の売上の範囲内
審査スピード 制度によって異なる 最短即日
保証人 不要 不要
担保 不要 不要
返済期間 返済義務なし およそ30~45日
手数料 なし 資金調達額の5%~25%、金利手数料は高い
審査対象 事業内容をプレゼンする計画書 売掛先
信用情報への掲載 されない されない
審査の通りやすさ やや難しい 通りやすい
特徴・その他 報告書の提出や監査が必要なばあいがある 「資産」扱いであるため自由に使えない売掛債権を短期間で現金化できる

助成金とファクタリングのこんな違い

助成金とファクタリングは、いろいろな点で異なる資金調達法です。

それぞれのメリット・デメリットを把握した上でどちらを選ぶべきかよく考えましょう。

助成金はすぐにはもらえない!

ファクタリングは、手数料のパーセンテージがほかの親近調達法に比べるとやや高い代わりに審査が通りやすく、最短で即日で現金が手に入るところが大きなメリットです。

これに対して助成金は、すぐに手に入れることができません。

なぜなら、助成金は、申請時に提示した事業計画がしっかりと実行されているかどうかを確認してから入金されるのです。

したがって、即日で資金が手に入るファクタリングとは違い、企業資金として使うことができないということは知っておくべきでしょう。

なお、入金のタイミングは制度にもよりますが、およそ1年から1年半後となります。

社会保険労務士に頼もう!

ファクタリングのばあい、担保・保証人ともに不要で、審査も1日程度で終わるため、融資を受けるためのハードルは非常に低いといえるでしょう。

対して助成金は、返済義務がない代わりに融資を受けるためのハードルは高いです。

特に、審査に必要な事業計画書の準備はたいへんで、全て自分でやるとなるとかなり時間がかかってしまいます。

そこで頼りになるのが社会保険労務士。

もちろんそのばあいは手数料が必要になりますが、審査までの時間と手間が大幅に短縮できますし、プロの経験と知識で作られた書類のほうが受給金額が増える可能性もあるのです。

それぞれに適した人・企業

ファクタリングは早い段階で資金が手に入るので、これから起業するための資金が必要な人に適しているでしょう。

対して助成金は、すでに起業しており、なおかつ一定の成功が見込めるばあいに有効であるといえるでしょう。

あなたの会社に最適な資金調達法とは

投資を受けることが難しい場合や、経営の立て直しのための資金調達が必要な場合であれば、ベンチャーキャピタルからの投資よりも資金を得やすい方法が存在します。

こちらのページでは、より確実・迅速に資金調達が可能な方法を厳選し紹介。それぞれの強みを比較しています。ぜひ自社に最適な資金調達法を探す参考にしてください。

ベンチャーキャピタルより確実・迅速な方法は?資金調達を徹底比較>>